一凛日和 - 書道教室 薬院 一凛(いちりん)- 心を満たす大人の書道教室(福岡市)

書道教室 薬院 一凛(いちりん)
ホームへ戻る
一凛の想い
体験レッスン
体験者の声
受講スケジュール
一凛日和(ブログ)
作品ギャラリー
お問い合わせ

書道教室 薬院 一凛(いちりん)
TEL:092-791-7251

〒810-0022
福岡市中央区薬院3丁目7-25 原ビル2F
TEL/092-791-7251
FAX/092-791-7786

西鉄「薬院駅」および
地下鉄七隈線「薬院駅」から徒歩5分
西鉄バス「新川町バス停」前
>Googleマップはこちら

一凛日和

書道展2019  2019/9/15(日)

今年も新聞社主催の書道展に一凛から5名の方が出品し全員入選されました。

中でも、小田明子さんは5度目の挑戦で見事「福岡市長賞」を受賞され、竹村泰徳氏は二度目の特別賞「大宰府天満宮賞」を受賞され〝会友〟になりました。

一か月半という短い練習期間でしたが、皆さん、良く頑張られました。

来年も一凛から多くの方の出品、入選を期待しています。

 

Atacched File

 

 

大 賞 準大賞作品

Atacched File

 

 

大宰府天満宮賞 竹村泰徳氏   福岡市長賞 小田明子さ

Atacched File

 

 

 

Atacched File

 

 

奨励賞  野口昌芳氏   奨励賞  田篭佳代子さ

Atacched File

 

 

奨励賞 村上八栄子さ

Atacched File

 

 

第四回小作品制作  2019/7/4(木)

恒例になりつつある『小作品』の制作です。

皆さん、それそれ゛独自のアイデアを考えて、楽しく作っているようです。

今回の『最優秀賞』は火曜日 Cクラスの 友岡 優さん 『優秀賞』は日曜日 Bクラスの 木下 亜希子 さん と 土曜日 Cクラスの 石川 あゆ子 さん

 

左から石川あゆ子さん作品  友岡 優さん作品  木下 亜希子さん作品

 

Atacched File

 

友岡 優さんのコメント

「今回は台紙を選ぶ代わりに花びらのシールを散りばめてみました。小作品では、様々なことにチャレンジして、文字や装飾のトータルセンスを磨いていきたいです。」

 

木下 明子さんのコメント

「詩から〝大樹〟と〝成長〟をイメージする素材を選びました。背景をもっと工夫できたのではと悔いが残っています。毎回表現に悩みつつね作品を完成させる楽しみを感じています。」

 

石川 あゆ子さんのコメント

「俳句は何度か書いたことがありましたが、散文を今回のような配置で書くのは初めてで、バランスを取るのが難しく感じました。」

 

前 期 掲 示 作 品

 

Atacched File

 

 

後 期 掲 示 作 品

 

Atacched File

 

 

 

Atacched File

 

 

 

隷書課題  2019/6/7(木)

久しぶりの投稿です。

初段以上の方には昨年より4か月間隔で、書の基本である『楷書』や行書や草書の向上に役立つ(私が学んでそう思っています)『隷書』を月例課題に取り入れています。

 

隷書は今回で2回目なので、基本を理解する段階の方がほとんどです。

今回の縦四文字は、上手く収めるのに苦労していたようで、特に「安」が縦長にならないように書くのが大変なようでした。

 

作品は、5月の六段以上の方の隷書作品です。

安 車 蒲 輪 (あんしゃほりん)

 

Atacched File

 

 

 

お世話になりました  2019/4/2(火)

出会いがあれば、別れもあるのが世の常。

 

この10年間、さまざまな事情で書道を続けることが出来ず多くの方が一凛を去りました。

しかし、今までにこんな素敵なかたち、まるで春風のような優しさを残して一凛を去った女性はいません。

 

平成28月11月に木曜日のAクラスに入会した山田はるかさんは、平成29年10月に出産のため一時休会。

半年後の平成30年4月に復会し書道を続けていました。入会当初は教室の近くに住んでいましたが、出産前から東区方面へ転居。

今年に入って次第に仕事が忙しくなり、そんなこな諸々の事情で三月末でやむを得ず退会することになりました。

一凛最後のレッスンとなった3月28日、クラスメイトの皆さんに、

「短い時間でしたが今までありがとうこざいました。同じ時間にレッスンを受けられたご縁に感謝です」のメッセージを添えて可愛らしいお菓子のプレゼントを準備していました。

 

 

Atacched File

 

そして最後のレッスンの時間をつかって、クラスの皆さんと私宛に心のこもった手紙を書いてくれました。

文中の「先生と出口さんの夫婦漫才のようなリズムが最高」の出口さんは、よく私から添削の時口やかましく注意されています。

その度に〝馬の耳に念仏〟のごとく無反応で(実際は理解しているのでしょうが)、私とのかみ合わない会話が漫才のように感じたのでしょう。

感謝の気持ちがこもった手紙に胸が熱くなりました。

 

 

Atacched File

 

みなさへの、そして私への心遣いに感謝しています。

育児や仕事が落ち着いたあかつきには、どうぞ一凛に戻ってきてください。

 

 

第三回小作品制作 その1  2019/2/17(日)

1月のかな課題は今回で三回目の小作品の制作です。

皆さん、要領を少しずつ掴んできたようでいずれの作品も下地に凝ったものばかりで優劣をつけるのも大変でした。

今回の優秀者は 倉本万里子さん、石川あゆ子さん、片山道子さんてす。

 

 

 

右側 片山道子さん作品  中央 倉本万里子さん作品  左側 石川あゆ子さん作品

 

Atacched File

 

 

 

前 期 作 品

 

Atacched File

 

 

Atacched File

 

Atacched File

 

 

 

 

| ホーム | 一凛の想い | 体験レッスン | 体験者の声 | 受講スケジュール | 一凛日和 | 作品ギャラリー | お問い合わせ |
Copyright © Ichirin All Rights Reserved.
ページの先頭へ